2. 印刷個別原価・利益算定ツール

Home  >>  Service  >>  印刷会社支援事業 全サービス紹介  >>  2. 印刷個別原価・利益算定ツール

サービス概要

案件毎の利益算定をもっと手軽に!印刷会社の声から生まれた「印刷個別案件の利益算定ツール」
→資料はこちら(PDFが開きます)

ツールの特長

  • 実態を反映できる原価算定ロジック
    • 製造固定費(工賃)を構成する工場労務費や設備費を、「枚数単価×通し枚数」の考え方ではなく、原価自体を積算する「時間単価×作業時間」によって算出している
    • 販管固定費の各費目について、費目の実態に沿った配賦ルールを詳細に設定することができる(案件規模配賦や案件均等配賦など)
  • Excelファイルによる提供
    • 安価であり、導入負担を低く抑えられる
    • 各社の実態に合わせてファイルのカスタマイズが容易

利益算定ツールの活用シーン

  • 各社の実態に合わせて個別案件の原価・利益を算定できるため、下記活用ができる
    • 個別案件の費目別コストインパクト把握
    • 各社利用の見積ソフトで算出した原価・利益の、実態とのギャップ把握
    • 信頼性の高い原価(利益)を基にした見積金額設定
    • 工程変更や能率などに起因する差損益の把握(予定原価と実績原価の比較)
  • 長期的な活用(複数案件比較)により、下記活用ができる
    • 自社の強みジャンル把握
    • 利益改善活動への活用